2013(平成25)年度 ルール改正について、他



故意四球(Intentional Base On Balls)

守備側チームが、投球せずに故意に打者を一塁に歩かせるため、
投手、捕手、あるいは監督が、球審にその旨を通告することをいう。

(注1)通告は、投球しみなされ、四球を与えるのに必要な投球数がカウントされる。
(注2)通告は、打席の初めでも、いかなるボールカウントのときでも行うことができる。
(注3)故意四球が球審に通告されると、ボールデッドとなり、
    走者はフォースのとき以外は進塁できない。
(注4)二人の打者に故意四球を与えたいときは、最初の打者が一塁に達するまでは、
    二番目の打者を歩かせることができない。


「DPルール」について覚えておきたい点


先頭ページに戻る